一口農場主の皆様へ|2011年2月 株主優待

トップ > 一口農場主の皆様へ > 2011年1月の株主優待

2011年1月の株主優待

今年は雪が多く、農場「みわ・ダッシュ村」も雪の衣装をまとっていますが、寒さに負けず、農業スタッフは安全・安心で美味しい農作物作りに励んでいます。

さて、2011年に入ってからはじめての株主優待を送付いたしました。内容をご報告いたします。

※農作物の収穫時期の関係で、米と農作物を同時にお送りするときもあれば、別々にお送りするときもございます。収穫したての新鮮な農作物をお届けするために、ご了承くださいませ。

※また、農作物については収穫量や内容の様子を見ながらご送付の決定をいたしますので、すべての方にいっせいに送らず、数度に分けてお送りすることもございます。そのため、ある農場主様には例えば10日に届いたけれども、また別の農場主様には20日に届く…ということもございます。(農作物の内容について は、その時に一番美味しいものをお送りいたします)

一口農場主様からの優待のご感想はこちら

優待でお送りしました農作物について

農作物

今月は、聖護院かぶ・日野菜かぶ・かぶら菜・水菜・ぎんなんをお送りしました。

2011年1月にお送りした農作物

聖護院蕪(しょうごいんかぶ/しょうごいんかぶら)は、京都の伝統野菜です。お漬物「千枚漬け」に使われます。千枚漬けにチャレンジしても良いのではないでしょうか。しっかりとボリュームがありますので、炊き合わせやスープなどにご活用ください。

日野菜かぶは、ほとんどの方がおつけものにすると思いますが、スライスしてサラダに加えると赤が映えます。いっしょにお送りした水菜とサラダにするのも良いですね。

水菜は代表的な京野菜。応用範囲がとても広く重宝します。シャキシャキを活かしたサラダ、煮びたし、鍋など。冬には欠かせないものです。

銀杏は、12月にもお送りしましたが、みわ・ダッシュ村の近くにある樹齢100年のイチョウの木の実です。新年に、「樹齢100年の縁起」をお届けしました。

みわ・ダッシュ村の農場でスクスクと育った野菜を、いち早くお届けしました。
どうぞ様々な方法でお召し上がりください。

優待お野菜のレシピ

今月優待でお送りした、おまかせ野菜を使ってのレシピです。

水菜と日野菜かぶのサラダ

<水菜と日野菜のサラダ>
右の写真は、水菜と日野菜かぶのサラダです。オリーブオイルと塩でシンプルにしてみました。日野菜かぶの苦味がちょっとしたアクセントになります。

水菜とうすあげのたいたん

<水菜とうすあげのたいたん>
こちらは、水菜とうすあげのたいたん(たきあわせ)。
私は、出汁にかつおを使わないので昆布だけのあっさり味。
しょうゆ味をちょっと濃い目にしたので、ご飯にもお酒にも。

かぶらの炒め煮

<かぶらの炒め煮>
同封しました「今月のおまかせ野菜(1月)」というペーパーでご紹介したレシピそのままでやってみました。
ごま油でかぶを炒め軽く火が通ったら油揚げ(私は大目が好み!)と葉を入れ、しんなりしたら鍋はだから醤油をまわしかけ、香り付け。
これは最高です。ごま油と醤油のコンビがかぶと油揚げのカップルをいっそう引き立てます。

毎月、優待のお任せ野菜でレシピ作ってますが、私はお肉を使わないので「野菜×油揚げ」の登場頻度が非常〜に高く、どれもド・シンプルなものばかりです。本当に好きなレシピを作るとこうなるのですが、バリエーション広げていきたいと思います。

合鴨米

合鴨農法で栽培した無農薬のお米をお届けしました。
私共の提携農家で藤田剛さんの合鴨米をお送りいたしました。

藤田剛さんの紹介

今月の株主優待 一覧へもどる

ページのトップへもどる

 

2011年1月優待 一口農場主様からのご感想

Y.Kさま

今年もご健闘を祈ります

みわ・ダッシュ村スタッフ御一同様

今月も合鴨農法米、続いてかぶらの間引き菜などお送り頂き、有難うございました。

かぶらは大きかったので、すり下ろしてみぞれ汁を作り、その中に具として間引き菜なども入れ、美味しく頂きました。皆様の御丹精のお陰で身体が本当に温まりました。御礼申し上げます。

「THE NIKKEI MAGAZINE」1月号によると、野菜栽培ですが、愛知県碧南辺りで、根粒菌が付くマメ科の植物を他の作物と一緒に植えたり交互に植えたりすることで、農薬 も肥料も使わない自然栽培を実現されているとのこと(土中に窒素が供給されるとともに、微生物が増える)。

貴村では米作において合鴨農法で無農薬・無肥料を実現されておられるわけで、こうした動きが益々拡がることに期待します。

寒波厳しく、ご苦労が多いことでしょうが、今年も益々のご発展をお祈り申し上げます。

---------

Y.Kさま

メッセージ、お送りいただきありがとうございます。
お送りしました野菜を、いろいろな方法で召し上がっていただいているようで、私どももとても嬉しく思います。
米では合鴨の力を借りることにより完全無農薬・無化学肥料・有機栽培をしており、野菜では人力とEM(有用微生物群)の力でこちらも完全無農薬・無化学肥料 ・有機栽培を貫いています。安全・安心が一番ですから。今後は、「完全無農薬・無化学肥料・有機栽培」を「DAS規格(みわ・ダッシュ村の規格)」としてブ ランド価値を高めていけるよう活動して参ります。
いつも温かいメッセージをいただき、本当にありがとうございます。

- みわ・ダッシュ村一同 -

R・Hさま

農業生産法人(株)京都府天田郡みわ・ダッシュ村

清水村長様
スタッフご一同様

早速株主優待のお米と野菜を送って頂きまして、誠にありがとうございました。
私の母が箱を開けたのですが、新聞紙の包みを開くたびにわくわくしてときめいたそうです。
そして自分の田舎から届いたような気持がして、とても嬉しかったそうです。 夕食の時に父が「このかぶらは味が全然違う、とてもおいしい!!。」と言ってくれ たので、みわ村の事を説明しながら、大いに食卓が盛り上がりました。
とてもなごやかで幸せな気持ちの中で楽しい時間になりました。

お野菜と共に皆様の良い波動も伝わってきたように思います。
ぎんなんも炒って、食後のデザート?に頂きました。グミのような触感でおいしかったです。

お米は次の日に初めて頂きました。これまたとても美味しいお米でした。

山陰の田舎育ちの母に色々と野菜の調理を教えてもらう機会もこれから増えそうで、とても楽しみです。

三和荘の宿泊券、様々な資料もありがとうございます。

新聞やテレビだけでは得られない貴重な現地の情報を拝見させてもらって、自分も勉 強して、正しい判断の出来る消費者になる努力をしなければならないと感じています。

TPPに関しては一般の私によくわからない事だらけで、日本の農業が消滅して農薬ま みれの外国の農産物が入ってくるようになる不安なイメージがありました。
村長様のごあいさつにありました、TPPを機に、「安全、安心」という付加価値で世界と戦っていける農業者を作るべきというお言葉に、未来への大きな可能性を感じました。

これからも少しずつ頑張って色々な事を勉強して行きたいと思ってます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

---------

R・Hさま

ご丁寧にメールをいただき、ありがとうございます。
優待でお届けした野菜がご家族の話題になる光景がイメージでき、とても嬉しく思います。活動の励みになります、ほんとうにありがとうございます。
ずっしりと重いかぶら(かぶ)は、色々な調理法で楽しんでください。うすあげと炊き合わせても美味しいですし、ひき肉あんかけもまた美味しいです。
癖がないかぶらは逆に様々な表情が出てくるので、私も大好きな野菜です。

これからも、一口農場主の皆さんには、優待をお届けするだけではなく、生活に密着した農業のことや農政のことをわかりやすく理解していただけるように情報 をお届けしたいと思っております。

それでは、2月の優待も楽しみにお待ちください。

- みわ・ダッシュ村一同 -

---------

伊藤様

ご丁寧にFAXをいただき、ありがとうございます。
いただきましたご感想は、スタッフ全員が読ませていただきました。

優待の農作物は可能な限り新鮮なものを…との思いで、お送りさせていただいております。
次回の優待送付時には、「葉野菜のよい保存の仕方」を添える予定でおりますので、そちらもぜひ参考になさってください。
これからも、農業従事者として、消費者・議員の方々への問題提起や解決法の提案を続けて参ります。

来月も優待を楽しみになさってください。

- みわ・ダッシュ村一同 -

今月の株主優待 一覧へもどる

ページのトップへもどる

一口農場主の皆様へ
今月の株主優待
みわ・ダッシュ村 ニュース
What’s New 一覧
プレスリリース 一覧
マスコミ紹介履歴 一覧
Voice 一覧

みわ・ダッシュ村の365日