一口農場主の皆様へ|2011年3月 株主優待

トップ > 一口農場主の皆様へ > 2011年3月の株主優待

2011年3月の株主優待

3月に入っても、雪が降る日が多く、天気の悪い日の農場は昼間でも1度2度など、とても寒くなることがあります。
あと少し…と春を待つ気持ちとは裏腹に、三寒四温もなかなか進まないようです。

さて、3月の株主優待をご報告します。

※ 農作物の収穫時期の関係で、米と農作物を同時にお送りするときもあれば、別々にお送りするときもございます。収穫したての新鮮な農作物をお届けするために、ご了承くださいませ。
※ また、農作物については収穫量や内容の様子を見ながらご送付の決定をいたしますので、すべての方にいっせいに送らず、数度に分けてお送りすることもございます。そのため、ある農場主様には例えば10日に届いたけれども、また別の農場主様には20日に届く…ということもございます。(農作物の内容については、その時に一番美味しいものをお送りいたします)

優待でお送りしました農作物について

お任せ農作物

2011年2月にお送りした農作物

3月は、お任せ農作物として、菜の花/キクナ(春菊)/自生のふきのとう/みわ・ダッシュ村産の小麦と天然酵母で作ったパン/手遊び用のくるみ などをお送りしました。

農場たより

優待お野菜を100%味わいつくそう!

今月優待でお届けしたお任せ野菜を、美味しくアレンジしてみました。

くるみもお届けしました

<春野菜のパスタ>
春野菜たっぷりのパスタは、春を呼ぶかと思うほど色がきれいです。
今回は、春キャベツとふきのとうのパスタを作りました。もちろん、天然酵母のパンを添えて。
本来はパスタとソースは別々に作るのですが、今回は時短のため、「パスタを茹でながら野菜も茹で、しかも味付けしてしまう」という面倒くさがり屋ならではの方法で。
ふきのとうはやわらかいので最後に加えました。色鮮やか春色パスタのできあがりです。

天然酵母パン 春野菜のパスタ

天然酵母パンは、みわ・ダッシュ村の自然農法担当の山本が、小麦の種からパンになるまですべての工程をこだわりぬいたものです。 小麦は「西の香り」という小麦。製パンは、日本の天然酵母パンの草分けとして有名な、東京富ヶ谷の「ルヴァン」信州上田店にお願いしました。

天然酵母パンについて

▼ルヴァン 信州上田店

http://www.hi-yorokonde.com/detail/index_232.html

 

どこか懐かしい味、ほのかな酸味が、甘いパンに慣れている私には逆に新鮮でした。
「おいしい」素直にそう感じました。
軽くオーブンかトースターで焼いて、オリーブオイルでいただくと美味しいそうですが、そのままでも十分すぎるくらい美味しかったです。
天然酵母パンは、その特徴として「酸味」があります。好きな方は好きで、苦手な方は苦手だと思います。
はじめて食べられる方はもしかすると少し酸味に驚かれるかもしれません。私はこの酸味が大好きです。

キクナのおひたし

<キクナのおひたし>
キクナ(春菊)は、やはり定番のおひたしで。
新鮮なキクナは、えぐみもなく心地よい苦味に春を感じます。
今回は定番のおひたしにしましたが、洋風ならグラタンに入れたいし、卵焼きに入れても綺麗だな!など、様々なイメージが膨らみました。
両手いっぱいのキクナも、茹でると小さく小さくなります。一人でペロリと食べてしまいました。

一口農場主の皆様、3月のお任せ農作物はどのようにお楽しみいただきましたか?
これからも、「安全・安心」なお米や農作物が、皆様の食卓を賑わし、笑顔の花が咲くことを願っています。

合鴨米

合鴨農法で栽培した無農薬のお米をお届けしました。
私共の提携農家で藤田剛さんの合鴨米をお送りいたしました。

藤田剛さんの紹介

今月の株主優待 一覧へもどる

ページのトップへもどる

 

ページのトップへもどる

一口農場主の皆様へ
今月の株主優待
みわ・ダッシュ村 ニュース
What’s New 一覧
プレスリリース 一覧
マスコミ紹介履歴 一覧
Voice 一覧

みわ・ダッシュ村の365日